DOWAの低濃度PCB処理 新着情報

2016-05-30
エコシステム秋田の低濃度PCB廃棄物処理施設 操業開始!
DOWAエコシステム株式会社の100%子会社であるエコシステム秋田(株)において、秋田県大館市の工場敷地内に建設した低濃度PCB廃棄物無害化処理施設の竣工式が平成28年5月27日に行われました。

新施設は、低濃度のポリ塩化ビフェニル、通称低濃度PCBにより汚染された廃電気機器等を安全に無害化するための施設です。この施設は、事前解体設備と大型の固定床炉を有し、20t程度までの大型の電気機器を受け入れることが可能です。また、PCBが外部に漏れ出すことのないよう廃棄物の受入から無害化の確認まで、全ての工程を専用の建屋内で行うなど、随所に工夫を凝らした構造となっております。

エコシステム秋田(株)では、平成23年から既存施設にて低濃度PCB廃油の処理を行ってきました。今回、筐体の処理が可能な新施設が稼働したことで、低濃度PCB廃油入りの廃電気機器を受け入れられるようになりました。

エコシステム秋田 低濃度PCB廃棄物処理施設
竣工式には、秋田県の中島副知事や大館市の福原市長をはじめとして多くのご来賓の方々にご来場いただき、厳かに執り行われました。

その後、テープカットと祝賀会を行い、盛大に竣工を祝いました。

エコシステム秋田 低濃度PCB廃棄物処理施設 竣工式
エコシステム秋田(株)は、低濃度PCB廃棄物の処理促進に貢献するとともに、今後も秋田県ならびに大館市の一員として、適正で安全安心な廃棄物処理を目指し、より一層努力してまいります。
2016-03-31
低濃度PCB廃棄物の処理能力を年間約5万トンに拡大
~ 秋田県で新規認定取得、岡山県で能力増強 ~
DOWAエコシステム株式会社の100%子会社であるエコシステム秋田(株)において、低濃度PCB廃棄物の無害化処理に係る大臣認定を2016年3月30日付で取得し、廃電気機器等の処理を開始します。
加えて、同じく100%子会社であるエコシステム山陽(株)では低濃度PCB廃棄物の処理能力に係る変更許可を2016年2月23日付で受けており、これらによりグループ全体での低濃度PCB廃棄物処理能力を年間約3万トンから約5万トンに拡大します。
PCB廃棄物の適正な処理の促進に関する特別措置法の施行後に存在が明らかになった、微量のPCBに汚染された廃電気機器等については、その量が膨大かつ未だ全量把握がされていないことから、2027年3月を法定期限とする処理完了に向けて民間企業を中心とした処理体制の強化が急がれています。
DOWAエコシステムでは、2005年から環境省による微量PCB汚染廃電気機器等の焼却実証試験へ複数の事業所で参画し、2010年に福岡県、2011年に岡山県で廃電気機器等を中心に処理を開始しました。秋田県においても2011年から低濃度PCB廃油等の処理を進めてきましたが、今回新たに低濃度PCB廃棄物専用焼却炉を設置し、廃電気機器等の処理に係る大臣認定を取得しました。これにより東日本でも廃電気機器等の処理が可能となったことに加え、廃電気機器及び廃油の処理を同一事業所内で行うことも可能となり、排出事業者の利便性向上に大きく貢献できるものと考えています。
またエコシステム山陽では、低濃度PCB廃棄物専用焼却炉の効率改善を行い、処理能力を48t/日から60t/日に増強しました。さらに同事業所では、現在処理の許可を保有していない低濃度PCB廃油を処理品目に追加する申請を行っており、西日本においてもさらなるサービスの向上を図っていきます。
低濃度PCB廃棄物処理において国内トップの処理実績を持つDOWAグループは、安全で確実な機器解体、運搬についても多くのノウハウを有しています。今後も様々な顧客ニーズへ幅広く対応を推し進め、法定期限内のPCB廃棄物処理推進へ貢献してまいります。

【エコシステム秋田(株)における新規認定内容】

新焼却炉 外観(写真中央)

(1)処理を行う廃棄物の種類および処理能力

低濃度PCB廃油 3.1kL/日
低濃度PCB汚染物(廃電気機器等)ならびに低濃度PCB処理物 15t/日

(2)受入開始時期(予定)

2016年4月


DOWAホールディングス株式会社 ニュースリリース

低濃度PCB廃棄物の処理能力を年間約5万トンに拡大

参考資料

【DOWAグループの低濃度PCB廃棄物処理事業所一覧】

事業所名 所在地 処理対象物 処理能力
エコシステム秋田(株) 秋田県 低濃度PCB廃油 9.6kL/日(1号炉)
3.1kL/日(3号炉、新規取得)
低濃度PCB汚染物(廃電気機器等) 15t/日(3号炉、新規取得)
低濃度PCB汚染物(その他) 5t/日(1号炉)
エコシステム山陽(株) 岡山県 低濃度PCB廃油 4.3t/日(現在申請中)
低濃度PCB汚染物(廃電気機器等、その他) 60t/日
エコシステム小坂(株) 秋田県 低濃度PCB汚染物(塗膜くず等) 11.52t/日
光和精鉱(株) 福岡県 低濃度PCB廃油 24kL/日
低濃度PCB汚染物(廃電気機器等) 28.5t/日
低濃度PCB汚染物(その他) 10t/日
参考:PCB廃棄物の無害化処理認定施設及び許可施設一覧(環境省Webサイト)
http://www.env.go.jp/recycle/poly/facilities.html
2016-02-24
エコシステム山陽 低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物処理施設の処理能力が増強されました
エコシステム山陽株式会社は社会問題化している微量のポリ塩化ビフェニル(PCB)に汚染された廃電気機器等の焼却施設の操業を平成23年10月より開始しました。これまで約4万t超の廃電気機器等の無害化処理を進めてきた中で培ってきたノウハウや設備の特徴を活かし、PCB廃棄物処理促進へさらなる貢献をするため、処理能力を増強するための申請を行ってまいりました。この申請が、平成28年2月23日付で岡山県から許可されました。これにより、平成39年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理にむけ、より多くのご要望に応えることができるようになりました。また、処理の対象が微量PCB汚染廃電気機器等と限定されていましたが、今回の更新で処理対象物が低濃度PCB廃棄物へと拡大されました。

【取り扱う特別産業廃棄物の種類の変更】

種類 変更前 変更後
PCB汚染物
PCB処理物
これらのうち微量PCB汚染廃電気機器等に限る。 これらのうち低濃度PCB廃棄物に限る。

【処理能力の変更】

種類 変更前 変更後
PCB汚染物
PCB処理物
48t/日(24時間) 60t/日(24時間)

エコシステム山陽では引き続き、低濃度PCB廃油を処分するため、品目追加の申請を行っています。
また、DOWAエコシステムグループでは、エコシステム山陽(岡山県)の他、エコシステム秋田(秋田県)、エコシステム小坂(秋田県)、光和精鉱(福岡県)にて、低濃度PCB廃棄物の処理を行っています。さらに、最適な処理スキームを実現するため、エコシステム秋田では新たに建設した専用炉において、低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定を申請中であり、排出事業者様のさらなる利便性向上を目指してまいります。
今後ともPCB特措法の目的に沿って、確実かつ安全に多様な低濃度PCB廃棄物の処理を進め、平成39年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理推進へ更に貢献してまいります。
2015-10-01
エコシステム山陽 低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理に係る変更許可(低濃度PCB(絶縁油)等の追加) を申請中
エコシステム山陽株式会社は環境ビジネスに携わる企業としての社会貢献を果たすため、社会問題化している微量のポリ塩化ビフェニル(PCB)に汚染された廃電気機器等の焼却施設の操業を平成23年10月より開始しました。これまで約4万t超の廃電気機器等の無害化処理を進めてきた中で培ってきたノウハウや設備の特徴を活かし「処理能力」及び「取り扱う特別管理産業廃棄物の種類」を変更するために産業廃棄物処理施設の変更許可申請を岡山県に申請しました。
本申請により絶縁油を含む廃電気機器等の処理により一括処理にも対応し、また処理の対象を由来を限定しない低濃度PCBに範囲を広げ、廃棄物投入速度を変更することにより処理能力を増加し、数多く寄せられている処理のご要望に更に応えることができる施設にリニューアル致します。

【取り扱う特別産業廃棄物の種類の変更】

種類 現行許可条件 変更後
廃PCB等 抜油後の電気機器内に残存しているものに限る。 これらのうち低濃度PCBに限る
PCB汚染物
PCB処理物
これらのうち微量PCB汚染廃電気機器等に限る。

【処理能力】

種類 現行 変更後
廃PCB等 抜油後の電気機器内に残存しているものに限る。 6.7t/日(24時間)
PCB汚染物 48t/日(24時間) 60t/日(24時間)
PCB処理物 48t/日(24時間) 60t/日(24時間)

DOWAエコシステムグループでは、エコシステム秋田(秋田県)、エコシステム山陽(岡山県)、光和精鉱(福岡県)、エコシステム小坂(秋田県)にて、低濃度PCB廃棄物の処理を行っております。現在エコシステム秋田に建設中の低濃度PCB処理処分施設及び今回のエコシステム山陽での申請により排出事業者様の利便性向上に寄与していきます。
今後ともPCB特措法の目的に沿って、確実かつ安全に多様な低濃度PCB廃棄物の処理を進め、2027年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理推進へ更に貢献してまいります。

申請の概要

1 申請者の名称及び住所並びにその代表者の氏名

  1. 名称 エコシステム山陽株式会社
  2. 住所 岡山県久米郡美咲町吉ケ原字火の谷1125
  3. 代表者の氏名 加納 睦也

2 産業廃棄物処理施設の設置の場所

岡山県久米郡美咲町吉ケ原字池ノ内668番、672番、同字平岡谷674番、同字火ノ谷681番1、1114番3、1114番5、同字繁山1129番7

3 産業廃棄物処理施設の種類

汚泥の焼却施設、廃油の焼却施設、廃プラスチック類の焼却施設、廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物またはポリ塩化ビフェニル処理物の焼却施設、産業廃棄物の処理施設

4 産業廃棄物処理施設において処理する産業廃棄物の種類

  1. 産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を除く。)
    廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず、燃えがら、汚泥、廃油、がれき類、ばいじん(これらのうち石綿含有産業廃棄物を除く。)以上8種類
  2. 特別管理産業廃棄物
    廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物、ポリ塩化ビフェニル処理物(これらのうち低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物に限る。)

5 申請年月日

平成27年9月17日
2015-02-02
低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の無害化処理に係る大臣認定取得について
エコシステム秋田株式会社は、平成27年1月30日付で、低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の無害化処理に係る大臣認定を受けました。

エコシステム秋田では、これまでも、平成23年に焼却温度1100℃以上の条件で大臣認定を受け、微量のPCBに汚染された絶縁油等の無害化処理を進めて参りました。
このたび、実証試験により、焼却温度850度以上の条件でPCB濃度5000mg/kgの絶縁油等を安全・確実に無害化処理できることを確認し、大臣認定を改めて取得いたしました。
本取得によって、従来に比べて処理対象物の範囲が広がります。

DOWAエコシステムグループでは、エコシステム秋田(秋田県)、エコシステム山陽(岡山県)、光和精鉱(福岡県)、エコシステム小坂(秋田県)にて、低濃度PCB廃棄物の処理を行っております。
今後とも確実かつ安全に多様な低濃度PCB廃棄物の処理を進め、2027年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理推進へ貢献してまいります。

認定内容

1.認定取得者

(1)住所、名称、代表者の氏名
秋田県大館市花岡町字堤沢42番地
エコシステム秋田株式会社 代表取締役 村上 学

(2)施設設置場所
秋田県大館市花岡町字獅子ノ沢1番1他

(3)施設の種類
廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物又はポリ塩化ビフェニル処理物の焼却施設

(4)処理を行う廃棄物の種類(いずれも低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物に係るものに限る。)
イ 廃ポリ塩化ビフェニル等(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油が廃棄物となったもの、ポリ塩化ビフェニルの濃度が5,000mg/kg以下のもの。)
ロ ポリ塩化ビフェニル汚染物(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油に汚染されたものが廃棄物となったもの又はポリ塩化ビフェニルの濃度が5,000mg/kg以下の汚染物)
ハ ポリ塩化ビフェニル処理物(イ及びロを処理したもの又はポリ塩化ビフェニルの濃度が5,000mg/kg以下の処理物)

(5)処理の方法
焼却(ロータリーキルン式焼却炉)

(6)処理能力
(ア)廃ポリ塩化ビフェニル等  9.6 kL/日
(イ)ポリ塩化ビフェニル汚染物   5 t/日
(ウ)ポリ塩化ビフェニル処理物   5 t/日

2.認定年月日

平成27年1月30日
2014-05-08
岡山市に新たな積替保管施設が稼動し、抜油が可能になりました
今まで稼動していた岡山県美咲町の積替保管施設に加えて、岡山市の積替保管施設でも低濃度PCB汚染廃電気機器からの抜油が可能になりました。
今後ともお客様のご要望に沿えるように、努力してまいります。
この件に関するお問い合わせ先
  • 微量PCB東日本営業部 微量PCB営業推進部
    〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
    東京スカイツリーイーストタワー14階
    TEL:03-5611-6867 / FAX:03-5611-6868
  • 微量PCB西日本営業部
    〒708-1523 岡山県久米郡美咲町吉ヶ原1048-2
    TEL:0868-62-1341 / FAX:0868-62-1330
2014-03-10
PCB特別措置法についての解説コーナーを新設しました。
今後も、随時月に1回を目処に情報を追加していきます。
なお、DOWAエコシステムが発行するメルマガ、DOWAエコマガにご登録いただきますと、月に1回、最新情報をメールでお送りします。
2014-01-20
エコシステム山陽で事前解体設備が稼動しました。
エコシステム山陽では2014年1月より、微量PCB汚染物の処理を行うための事前解体施設を稼動させました。これにより、これまで取り決めていた炉の投入可能寸法を越える大きさの機器についても、直接受け入れることが可能になりました。
このページのトップへ

エコシステムグループ環境事業のご案内DOWAエコシステム(事業概要)

廃棄物処理 焼却 溶融再生 最終処理 混錬・油水分離
資源リサイクル 都市鉱山 家電リサイクル シュレッダーダスト処理 自動車リサイクル
土壌・地下水浄化 汚染調査 汚染対策・浄化 環境コンサルティング
海外環境事業 インドネシア タイ シンガポール 中国

DOWAエコシステムグループリンク

エコシステムジャパン株式会社 環境情報提供サイト DOWAエコジャーナル
DOWAエコシステム株式会社 DOWAホールディングス株式会社